人生再校!

人生、初校・再校はあたりまえ。
デザイナー・フルタがお届けする
愛と希望の業界日記blog版。
嗚呼 人生再校!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
<< DON'T LOOK BACK | main | 2年もの >>
マルサの女
 言わずと知れた1987年制作、伊丹十三監督の初期の傑作映画です。

『タンポポ』『お葬式』も当然傑作ですが、個人的にはマルサ1、2が好きです。



この映画は、映画として、別段変わった事をしているわけではありません。

撮り方も比較的オーソドックスですし、編集や演出もわりと王道です。


しかし、何度も見返すうちに、その凄さがわかってきます。


細部までよく練られた脚本、個性的な登場人物達。

宮本信子、山崎努、津川雅彦など抜群の演技力をみせるキャスト。

隅々まで計算された、ライティングと画面設計。

背景の情報量へのこだわり。

伊丹十三独特の演出…。


最初観たとき何でもないと思っていた、全てのショット、全ての演出が

本当に緻密につくりあげられている事に気付きます。

この普段見えてこないディテールの積み重ねが徹底して行われているからこそ

『マルサの女』は傑作たりえるのです。



「映画をつくる」ということはどういう事なのかをすべて学べる教科書のような映画です。

皆さんも、久しぶりにご覧になってみてはいかがでしょう。





| フルタヨウスケ | 映画 | comments(0) | - |